三観広域消防本部は香川県観音寺市・三豊市の広域消防本部として、住民の生命・身体・財産を守るため、日夜活動・訓練を行っています。

AEDについて

AEDとは

AED(自動体外式除細動器)とは、心臓がけいれんし血液を流すポンプ機能を失った状態(心室細動)になった心臓に対して、電気ショックを与え、正常なリズムに戻すための医療機器です。

平成16年7月より医療従事者ではない一般市民でも使用できるようになり、病院や診療所、救急車はもちろんのこ と、空港、駅、スポーツクラブ、学校、公共施設、企業等人が多く集まるところを中心に設置されています。AEDは、操作方法を音声ガイドしてくれるため、 簡単に使用することができます。

心臓の動きがバラバラになって、けいれんを起こしてしまい、体にちゃんと血液を送り出せない状態になった心臓の動き(心電図)を自動解析し、電気ショック が必要な人にのみ電気ショックを流す仕組みになっています。ショックにより、心臓を正しいリズムに戻してあげるための機械です。

心肺蘇生法について

突然の心臓停止が起こると、体中や脳に酸素が送られなくなり、何もしないでいると、命が助かる可能性は10分後には10%以下まで低下すると言われています。

しかし、119番通報をしてから救急車が到着するまで、平均で約7分の時間を要します。

命を助けるためには、早い119番通報と、その場に居合わせた人の心肺蘇生法(応急手当)が非常に大切になります。

管内のAED設置施設一覧表

観音寺市設置状況一覧表
三豊市設置状況一覧表
aed-catch

 

 

PAGETOP
Copyright © 三観広域行政組合消防本部 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.