7月は熱中症予防強化月間です。熱中症の予防には、「水分補給」が大切です!喉の乾きを感じる前に、こまめな水分補給を行いましょう!特に、高齢者の方は、暑さを感じにくく、室内でも熱中症になることもあるので十分注意しましょう!

熱中症を予防して楽しい夏を過ごしましょう!!

熱中症とは?

温度や湿度が高い中で、体内の水分や塩分〈ナトリウムなど)のバランスが崩れ、体温の調節機能が働かなくなり、体温上昇、めまい、体のだるさ、ひどいときには、けいれんや意識の異常など、様々な障害をおこす症状のことです。
家の中でじっとしていても室温や湿度が高いために、体から熱が逃げにくく熱中症になる場合がありますので、注意が必要です。

heatillness_020

熱中症予防のポイント

 heatillness_011
部屋の湿度をこまめにチェック!
(普段過ごす部屋には温度計を置くことをお奨めします)
 heatillness_010
室温28℃を超えないように、エアコンや扇風機を上手に使いましょう!
 heatillness_003
のどが渇かなくてもこまめに水分補給!
 heatillness_008
外出の際は体をしめつけない涼しい服装で、日よけ対策も!
 heatillness_016
無理をせず、適度に休憩を!
 heatillness_019
日頃から栄養バランスの良い食事と体力づくりを!

総務省消防庁 熱中症情報(外部リンク)

総務省消防庁のホームページでは、「全国の熱中症による救急搬送人員」、「予防啓発コンテンツ」としてビデオやリーフレットを掲載しています。その一部をご紹介します。

啓発ビデオ(15秒)[11.5MB]
n_yobou01
↑クリックすると再生されます。(少し時間がかかります。)

熱中症対策リーフレット(PDF4ページ)

n_pamphlet
〈総務省消防庁ホームページより〉

関連サイト